Top >  高脂血症と動脈硬化 >  高脂血症と動脈硬化

高脂血症と動脈硬化

スポンサード リンク

高脂血症と動脈硬化には非常に深い関わりがあります。


動脈硬化は日本人の死亡原因の2位と3位を占める心臓病や脳卒中を引き起こす原因となりますが、高脂血症は動脈硬化を進行させる要因のひとつとなっているからです。


動脈硬化を悪化させる主な原因は、高脂血症のほかに高血圧や糖尿病、喫煙などが挙げられますが、中でも高脂血症は心筋梗塞や狭心症といった病気の原因となる「粥状動脈硬化」を引き起こすことがわかっています。しかし、最も危険なのは、例えば喫煙者が高脂血症を患っているといった複数の危険因子を同時に持っている場合です。こうしたケースでは動脈硬化の進行が早まるだけではなく、更に重い生活習慣病を引き起こす危険性も高くなります。


高脂血症や動脈硬化はかなり症状が悪化するまで自覚症状はありません。しかし、放っておくと自分のわからないところで心臓病や脳卒中へのリスクを日に日に高めていることを自覚し、生活習慣を改善したり治療を受けたりすることが大切です。

高脂血症と動脈硬化

高脂血症と動脈硬化について

関連エントリー

高脂血症と動脈硬化