Top >  高脂血症とコレステロール >  高脂血症とコレステロール

高脂血症とコレステロール

スポンサード リンク

高脂血症のキーとなるコレステロールには、俗に「善玉コレステロール」と呼ばれる「HDLコレステロール」と「悪玉コレステロール」と呼ばれる「LDLコレステロール」の2種類があります。


コレステロールというと、いかにも良くないイメージが付きまといますが、実は体の細胞を作るという重要な働きを持つ、体にはなくてはならないものです。通常は、いわゆる悪玉コレステロールが肝臓で生成されたコレステロールを体中に運び、善玉コレステロールは余ったコレステロールを回収するといった具合に、きちんと役割分担ができています。


問題は、この2種類のコレステロールのバランスが取れなくなったとき、つまり高脂血症を発症してしまったときです。回収し切れなかったコレステロールは血管を傷つけ、中性脂肪と共に血管の内側に溜まっていきます。そして高脂血症が進行して、動脈硬化を引き起こしてしまうのです。つまり、悪玉コレステロールが増えすぎないようにすることで、高脂血症は予防できるというわけです。

高脂血症とコレステロール

高脂血症(こうしけつしょう)とコレステロールについて

関連エントリー

高脂血症とコレステロール