Top >  高脂血症の検査 >  高脂血症の検査

高脂血症の検査

スポンサード リンク

高脂血症を発症しても、初期の頃には自覚症状はほとんどありません。


そのため、高脂血症は知らず知らずのうちに進行してしまいます。それを防ぐためには、定期的に検査を受け、早期発見することが大変重要になってきます。


高脂血症の検査は、通常の定期検診の血液検査で受けることが可能です。検査は最後に食事を摂ってから12時間の間隔を空けなければならないので、通常の場合は検査の前日の夜9時までには夕食を済ませ、翌日は朝食を食べずに採血を受けるという形になります。定期検診の場合は高脂血症だけではなく同時にいろいろな病気についても調べますので、高脂血症の検査ということで殊更準備しなければならないといったようなことはありません。このように、高脂血症の検査は気軽に受けることが出来ますので、ぜひ定期的に診断を受けることをおすすめします。

高脂血症の検査

高脂血症の検査について

関連エントリー

高脂血症の検査