Top >  高脂血症の症状 >  高脂血症の症状

高脂血症の症状

スポンサード リンク

高脂血症は初期の段階では自覚症状というのはほとんど見られません。しかし、体内の目に見えないところで高脂血症の症状は確実に進行していきます。


高脂血症の代表的な症状である悪玉コレステロールが増えすぎた場合、または善玉コレステロールが減少してしまって悪玉コレステロールの抑えが利かなくなった場合には、悪玉コレステロールは血管の壁を傷つけていきます。一方で、増えすぎた中性脂肪は血管の壁にくっつき、血液の通り道を細くしてしまいます。その結果、血管はしなやかさを失うと同時に、細くもろくなるという症状があらわれます。これを動脈硬化といいます。この時の血管の中は血液がドロドロになった状態で、非常に血流が悪くなっています。これがさらに進行すると、ついには血流が滞ったり血栓が出来て血管が詰まるといった症状になり、脳梗塞や心筋梗塞を起こすことになってしまいます。


このように、高脂血症は進行したり合併症を起こした場合に非常に怖い症状を引き起こすため、早期の発見が特に重要な病気です。

高脂血症の症状

高脂血症(こうしけつしょう)の症状について

関連エントリー

高脂血症の症状